ブログ Blog

宇宙で最も強力!? 資産運用は複利を味方につけよう!

みなさんこんにちは、つなぐファイナンシャル・コンサルタント㍿の高井です!
今日は資産運用とは切っても切れない考え方、『複利』についてお話しようと思います。

天才科学者であるアインシュタインも複利を
人類最大の発明」「宇宙で最も偉大な力」と言っていたことは有名な話ですね。
なぜ複利がそれほどまでに強力なのか、そし資産運用にどう役立てたらよいのかお話しようと思います。

 

そもそも複利とは?

銀行にお金を預けると、利息が付くのはみなさんご存じだと思います。
一昔前は定額貯金に預けていたら10年で元本が2倍になっていました!今ではなかなか想像ができない事象ですよね。今はお金を貯金に預けても、付く利息はスズメの涙ほど…振込手数料一回分で全部吹っ飛んでしまいますよね。。
なぜ当時は預貯金に預けていても元本が2倍になったのでしょうか?
その理由は当時の預貯金の利息は約7%あったから!そしてその利息の付き方が『複利』だったからです!

複利とは簡単にいうと、得られた利息を元本に組み入れて、さらにそこに利息が付くという仕組みのことです。

一方単利は、元本だけに利息が付くことですね。
最初こそ両者に大きな違いは現れないものの、時間とともに元本が大きく膨らんでいきます。

 

知っているとお得、72の法則

みなさんは“72の法則”というのを聞いたことがありますか?
実はこの数字、複利で運用した際に元本が2倍になる年数がわかる数字なんです!
具体的にいうと、72÷金利=お金が2倍になる期間

利回り7%の預貯金だと   72÷7≒10(年)

いいですね~利回りが7%もあると放っておいてもお金が増えていきますね^^
ただ、今の金利はというと、みなさんもご存じの通り、現在の定額預貯金は0.01%です。。

この利回りだと元本が2倍になるのは  72÷0.01=7200(年)

なんと2倍になるのに7200年もかかってしまうんですね。(笑)
これでは今の若者が預貯金で資産形成をするのは、ほぼ不可能でしょう。

 

資産運用を複利で考えてみよう

それではどうやって資産形成をすればいいのでしょうか。
その答えは、今まで預貯金で積み立てていたものは、

「株式」に投資してくれる投資信託等で積み立てることです!

ん?なんで株式?株式と複利ってどう関係があるの?って思われた方もおられるのではないでしょうか。
また、債券やREIT(不動産投資信託)ではだめなのという疑問も湧いてくるかもしれません。

実はこれ、「株式」で運用するところにとっても大きな意味があるです!

株式というのは会社が資金を調達するために発行されるもので、株式を買うということは会社の一部を買うということになります。

会社は事業で稼いだお金をもとに、販路を拡大したり宣伝広告を打ったり、他の事業を買収したりと、さらなる利益の拡大を考えます。
この、稼いだお金をさらにビジネスに投資するというサイクル自体が、『複利』なのです。

そう、実は株式会社というのは複利モンスターなのです!!
株主は会社の成長に伴って起こる株式の価格の上昇の恩恵を受けることができます。

当然、会社ならどこに投資していい訳ではありませんが、長期的に成長する会社に投資をするということは、複利を味方に付けているということになります。

 

 

株式会社の仕組みについては次回お話させていただこうと思いますので、乞うご期待!

実際にどういったところで運用すればいいのかは、個別相談にてアドバイスさせていただきますので、お気軽にお問合せくださいね^^