ブログ Blog

プロが解説!「確定拠出年金」と老後資金作りのメリット・デメリットとは⁉

プロが解説!「確定拠出年金」と老後資金作りのメリット・デメリットとは!?

 

はじめまして。
つなぐファイナンシャル・コンサルタント(株)で代表をしております船橋と申します。

昨今、老後の生活資金対策について大変多くのご相談をいただく機会が増えてまいりました。
そこで今回、金融庁の報告書でも話題になった「老後2000万円問題」について、いま考えていることを私の想いも含めてみなさんにお伝えしたいと思います。

弊社は金融サービス提供者として社会的変化に適切に対応していくとともに、老後資金不足という人々の不安に応える商品やサービスの情報提供を重要な役割として果たさなければいけないと考えております。

しかし、とても言いにくいことですが「老後2000万円問題」の前提にあるのは、

平均寿命が上がっている中、年金で老後の面倒をすべてみてもらうのは無理だという現実です

経済評論家の細野真宏さんが年金とは「生きてる間もらえるお弁当」と表現されていました。

最低限のライフライン。
なんとか暮らしていけるけど、それ以上の生活や豊かさを求めるならば資産を作っておいて取り崩す念密な計画が必要になるわけです。

そこで代表的な資金形成として「長期・積立・分散投資」実はこれこそ念密な計画の「王道」なのです。

長期・積立・分散投資は誰でも手軽にできる方法であるばかりでなく、金融庁が
「リスクをコントロールして一定のリターンをもたらしやすい」
「多くの人にとって好ましい資産形成のやり方」
と説明しているように、たいへん有用なものです。

こうした資産形成を後押しするため、近年、国はiDeCo(個人型確定拠出年金)つみたてNISAなど、「長期・積立、分散投資」を税制面で優遇する制度をつくってきました。

これらの制度は私たちの自助をサポートするものであり、実際に多くの人がこれらの制度を活用して着々と老後に向けた準備を始めているのです。
ただし、確定拠出年金はその名の通り「年金」制度なので、60歳までは解約して現金化することはできません

また、iDeCo(イデコ)の場合、加入時には2,000~6,000円程度の手数料がかかるのと、毎月数百円程度ですが「口座管理手数料等」がかかります(企業型DCの場合は企業が負担)。

<参考>
iDeCoの「口座管理手数料」は金融機関によって違います。
一番安い所で167円/月
一番高い所で450円/月
30年の管理手数料が約10万円超変わってきますが、企業や個人様が受けれるサポートも変わってきますので詳しくはお問合せください。

 

このように一部デメリット!?もありますが、それを考慮しても確定拠出年金の節税メリットと資産形成メリットは断然大きいです。

将来の資産形成を考えている人は、勤務先に企業型DCがあれば企業型DCへの、勤務先に企業年金制度がない場合はiDeCo(イデコ)への加入を検討することをオススメします。

私は、一人でも多くの方がこれらの素晴らしい制度を活用し、毎月3000円でも5000円でも良いので、できる金額で長く積立を継続していくことが大事だと思っています。